ホーム >  中国 >  出雲・玉造温泉 ホテル玉泉
出雲・玉造温泉 ホテル玉泉

客室は全121室と玉造温泉随一の規模を誇る。出雲大社にも近い抜群のロケーション

 島根県・松江市から車で15分ほどの場所にある出雲玉造温泉。"松江の奥座敷"と呼ばれるこの温泉地は、奈良時代初期に開かれた日本でも最古の歴史をもつ。枕草子に記されるなど、古代から人々を癒してきた"神の湯"として知られ、最近では縁結びのパワースポットや美肌温泉として女性を中心に人気を集めている。そんな温泉地のなかでも、ひときわ幻想的で優雅な佇まいの宿として注目を集めるのが「曲水の庭 ホテル玉泉」だ。
 創業から45年、平成13年にリニューアルして、はや10年近く。老舗温泉旅館としての風格とモダンデザインで構築された空間、その両方を兼ね備えた宿として名を馳せ、某観光系新聞社からも"5つ星の宿"として認定される。
 自慢は、なんといってもホテル名に掲げられた和風庭園「曲水の庭」だろう。石庭と松の自然美を活かした庭は出雲古流の様式がとられ、滝が落ちる水辺や優雅な曲水に沿って配された石、松、玉砂利、飛び石など、季節の移り変わりとともに日本ならではの風情を感じることができる。日が暮れると、かがり火が灯され、美しさはますます幻想的に、濃厚に。赤々と燃える松明に映りだされる夜の庭園の、昼間とは違ったムードも楽しみたい。


自慢の日本庭園が見渡せるラウンジで、旅の疲れをホッと癒して

灯火の照らしだされた美しい庭園が静寂を楽しむことを私達に教えてくれる


凝った演出や意匠が満載。「早くチェックインされたお客様には館内をご案内するツアーもあるんですよ」と女将の中山千明さん

 館内に感性あふれる芸術作品を展示しているのも、この宿の魅力だ。ロビーのシャンデリアは出雲国の象徴・八雲をイメージし、放つ光は時間ごとに朝日~夕陽のごとく色合いを変える。また平田一式飾りや古事記に伝わる因幡の白兎のオブジェなど、神話の国・出雲に聳える『和』をテーマにした演出があちこちに見られ、施設全体がまるでミュージアムのよう。
 もちろん温泉も素晴らしく、美肌温泉として評判の玉造温泉は、湯に多く含まれる硫酸イオンが肌に水分を補給し、ハリと潤いを与えるアンチエイジング作用が期待できるそう。また弱アルカリ性温泉の性質は角質や汚れを落とす効果もあり、湯上りはツルツルに。こちらの宿ではそんな名泉を、野趣あふれる巨岩が内湯にも露天風呂にも配された「巌の湯」と、檜の香りゆかしい大浴場と八角形の檜の浴槽がモダンな露天風呂がある「檜の湯」で楽しめる。異なる趣の大浴場は、ともに200人は同時に入れるという大きさ。それぞれ深夜24時まで利用でき、翌朝は5時から入れ替え制になっているので、ぜひとも両方を堪能したい。


宿泊者のお楽しみはロビーで毎晩上演される安来節ショー。本場のどじょう掬い踊りに拍手喝さい

四国の青石をダイナミックに使った岩風呂「巌の湯」。思いっきり手足を伸ばせる広々仕様


 夕・朝食は、希望やプランに合わせて、団体向けの宴会場か、部屋食または料理茶屋の個室を選べる。机の上に並ぶのは、旬の山陰の食材を多用した、見た目も食べ方も心弾む美味の数々。地元自慢の島根牛は、砂糖の代わりに綿菓子を使うすきやきの「雲海鍋」で堪能。雲海に見立てた綿菓子が目にも楽しく、肉の旨味と綿菓子の上品な甘みが相まって絶妙な美味しさに。宍道湖の珍味、アマサギ・ウナギ・白魚の茶碗蒸し「伝法焼」ほか、料理長オリジナルの「まが玉海鮮鍋」もオススメ。日本海で育った旬の魚介類を使った玉泉オリジナルの海鮮鍋で、まが玉にみたてたコラーゲンたっぷりのゼリーが火をつけると溶け出す演出が評判だ。
 夕食や朝食はもちろん、宿到着時に提供されるウエルカムスイーツの「夕日プリン~アガーマシェ~」や、小腹が空く夜中に届けられるお夜食など、おいしいサプライズは次々と。
 庭も、施設も、温泉も、料理も、すべてにおいて大人の宿にふさわしい心地よいセンスがあふれている。


団体プランには名物の特製すき焼き「雲海鍋」ほか、伝法焼や出雲そばなどが旅の夜を彩る

美しいサシ入り島根和牛のステーキや蟹の釜飯など、豪華素材満載の個人プランの食事


玉造のシンボル"勾玉(まがたま)"がスープに浮かぶ、まが玉海鮮鍋は事前に予約が必要

海老や筍、コンニャク玉をユズ味噌で食べる味噌フォンデュなど、地元の美味の粋な食べ方で


しほこちゃん

お風呂に入って、館内を巡って、おいしい料理をいただく…ホテル内だけで十分満ち足りた気分になれる充実の宿です。こじんまりした宿と違い、館内のさまざまな場所を楽しんでまわることができるのも、広大なこのホテルならではの魅力だと思いますね。私は特に見事に手入れされた庭園がお気に入りです。日暮れから夜の幻想的な雰囲気もいいですが、朝日が緑をキラキラと照らしだす早朝も素敵。散策してしっとりとした日本情緒を堪能しました。


あいちゃん

風格漂う外観を見ただけでも、受け継がれてきた伝統の重みを感じられます。到着早々頂いたウエルカムスイーツ「夕日プリン」に感激。宍道湖に沈む夕陽をイメージした梅味のプリンで、お着きのお菓子一つも凝っている! 到着すぐからこんな調子だから後は言わずもがな、です。山陰最古の美人の湯に、一皿ごとに工夫をこらした夕食、生まれて初めてライブで(笑)見たどじょう掬い踊り…ほかでは味わえないここだけの素晴らしさを体感しに、また訪れたいと思いました。



出雲・玉造温泉 ホテル玉泉

〒699-0201 島根県松江市玉湯町玉造53-2  TEL.0852-62-0021 FAX.0852-62-1455

http://www.hotel-gyokusen.co.jp/

ご旅行の手配、ご用命は神姫観光がうけたまわります。 ご相談フォームはこちらから