ホーム >  近畿 >  湯村温泉 佳泉郷 井づつや
佳泉郷 井づつや

さぁ、着いた! どんなお宿か、これから過ごす時への期待に胸ふくらむ

車が行きかう国道9号線沿い。ところが宿に足を踏み入れると、一瞬にして誘われた、非日常の世界…。シャンデリア輝くロビーの奥に、見事な庭園が広がっている。日本三銘石の一つ佐治石を配した回廊式の庭園には、苔むした岩々の間を滝が流れ落ち、豊かな木々の緑や咲き誇る花が旅の疲れを癒してくれる。大きなガラス越しに差し込む光は暖かく、野鳥の囀りも時折、耳に届く。夜は幻想的にライトアップされ、夏は庭園プールも開放されるという。 しばし庭園を愛で、部屋へ向かうと、館内のあちこちにも可憐な野花が顔をのぞかせる。 「ホテルのロビーのように、ドン!と大きな花を飾り付けるとなんだか息が詰まっちゃうでしょう」と微笑むのは女将の丸上喜久恵さん。着物姿が凛と美しい女将さんからにわかに想像できないが、ジーンズに長靴姿で自ら八部瀬山に入って摘んできた花を、館内や部屋に生けておられるのだとか。肩肘を張らずに、温泉気分を味わってもらいたい…女将をはじめ、従業員もハートが伝わるおもてなしを徹底、これみよがしなもてなしの押し付けはなく、日本の宿本来の温かみある接客を心がけているそう。 自然の息吹を感じることができる宿の雰囲気と、気持ちが解放されるような空間は、細やかな心配りから生まれているのだろう。せっかくの休日、プロのおもてなしに身を委ね、自分を思いきり甘やかす。それも旅行の醍醐味の一つ。


色ゆかたに着替えて館内を探索。日が暮れるまでご自慢の庭園を散歩してみようかな

細やかな心配りで宿を切り盛りする女将さんの丸上喜久恵さん


四国の青石をダイナミックに使った露天風呂

98度の高温泉が毎分470リットルも湧出するという湯村温泉。無色透明無味無臭、PH7.8の弱アルカリ性単純泉に浸れば、肌はツルツル、しっとりすることから"美人の湯"とも言われている。自家源泉を持つこちらでは "八湯十快"をテーマに、異なる八つの湯と2つの湯上り処で、身も心もとろける十の快を堪能できる。地下2階にある大浴場は、長寿大岩風呂「やくしの湯」「かんのんの湯」と、それぞれの露天風呂「夢の湯」「華の湯」、その他にもハーブ湯やヒノキ風呂、展望檜風呂の「なごみの湯」、家族風呂の「寿ぎの湯」、貸切露天風呂「のほほんの湯」など、異なる演出の湯船がそろう。温泉ミストサウナ+岩盤浴の「癒泉洞」では、温泉熱で温められた角閃石から発する高波動が夢見心地のうちに体の芯まで温めてくれる。人気の展望檜風呂の「なごみの湯」は、開放感抜群、風に吹かれて街を見下ろす豪快な湯とゴロンと寝転べる畳敷きの洗い場が評判だ。 湯上りには、キンと冷たい抹茶と水菓子の甘味の無料サービスも。飲んべいさんには、ビールや冷酒の無料サービスもあるので、好きなメニューでくつろいで(各15:00~18:00限定)。




(上段左)ダイナミックな大岩の大浴場、長寿大岩風呂
(上段右)心地よい天然ハーブの香りを楽しめる
(中段左)温泉と天然角閃石を活用したヒーリングサウナは浴衣で。気持ちよさにうとうと…
(中段右)展望風呂は源泉をかけ流しで。畳敷きのお風呂が珍しい
(下段左)貸切露天風呂は天地を独占できる贅沢空間
(下段右)地下2階のお休み処では冷抹茶と甘味のサービスを


磯の香り広がる日本海の海の幸に、まろやかな風味の但馬ビーフなど、料理長自慢の品が次々と供される

個室料亭やダイニングレストランなど、各食事処には専用の厨房があり、できたてを提供しているのもこの宿の自慢のひとつ。料理を監修するのは、井上明彦総料理長。TV番組"料理の鉄人"で鉄人・陳健一と互角に戦った姿を覚えている人もいるのでは? 近年では2009年に全国技能グランプリ兵庫で優勝、2010年には厚生労働省が現代の名工を表彰する制度にて歴代受賞者一の若さで受賞など、輝く腕を持つスーパー調理人である。 当日のメニューには、プロの繊細な仕事ぶりに驚かされる前菜から、一寸豆の裏ごしをすり流した翡翠のような緑の椀、焼きたて熱々を薫り高いトリュフ塩でいただく但馬ビーフ、3種のツミレが入る香り鍋は白身のツミレには食感の楽しいタケノコ、ホタテのツミレにはワカメを練りこんで磯の香り豊かに…とその組み合わせの妙に脱帽するばかり。例を挙げればきりがないが、どれもふっくら豊かな味わいが絶妙なバランスで和に落ち着いている。旬の食材にひと手間もふた工夫も加えた、しみじみと美味しい食事は、旅の思い出に色濃い印象を残すだろう。 体の芯からのんびり&きれいになれる温泉とおいしいものを食べること、それこそが旅の幸せ。8つの湯で楽しむ美人の湯と湯上りに味わう湯村の馳走、ごゆるりとお試しあれ。

かわいた喉を潤すビールで乾杯後は近海の魚介、最後のデザートまで丁寧に仕上げられた料理に舌つづみ

自家泉源により部屋の浴室・洗面所まですべて温泉を使用。なかには露天風呂付きの客室も


*
モデル感想
かなちゃん

天皇陛下が泊られた由緒あるお宿だけあって、心のこもったおもてなしや演出にあふれ、優しい時間がゆったりと流れていました。手入れの行き届いた日本庭園、女将自ら毎日生ける花など、過剰な演出のない自然空間にホッと心が安らぎます。8つものお風呂に入って、すばらしい経歴を持つ若き料理長自慢の食事をいただき、満ち足りた気分になれました。

モデル感想
あきちゃん

展望檜風呂が良かったですね。畳敷きのお風呂にまず驚きました。入ったときに足が冷たくない!あとは窓からの眺望の素晴らしさ。湯村温泉郷を広々と見渡せ、お天道様の下、スッポンポンでワァ~と叫びたくなるほど(笑)。一つの宿でさまざまなお風呂が楽しめるうえ、しかも美人の湯でもあるので、お風呂上がりはしっとりツルツル、大満足の温泉宿でした。

モデル感想
りかちゃん

TVドラマ「夢千代日記」で評判の湯村温泉!なんて言うと歳がバレちゃう(笑)と思いつつ、向かったこちら。印象深いのは料理のおいしさですね。どれもこの地、この宿でしか味わうことができないものばかり。個人プランでは調理人がお客の目の前で肉を焼いたり、寿司を握ったりしてくれる席前料理もあるとか。自分達だけのために…今度はそんな贅沢な旅もしてみたいですね。



湯村温泉 佳泉郷 井づつや

〒669-6821 兵庫県美方郡新温泉町湯1535 TEL.0796-92-1111 FAX.0796-92-2133

http://www.izutuya.com/

ご旅行の手配、ご用命は神姫観光がうけたまわります。 ご相談フォームはこちらから