ホーム >  近畿 >  白浜温泉 コガノイベイホテル
白浜温泉 コガノイベイホテル

高台に立つ絶好のロケーション。『海』をテーマにするだけにロゴマークも人魚がモチーフ

かつて「トリスを飲んでハワイへ行こう」という洋酒のCMがあったが、「神姫バスに乗ってハワイへ行こう」というキャッチコピーが思い浮かぶほど、手軽に行けるハワイ的温泉リゾート。それが白浜温泉の『コガノイベイホテル』だ。
ワイキキと友好姉妹浜の関係を結ぶほど、ハワイと縁が深い白浜は、青い海と空、そして白い砂、海岸沿いにはヤシの木が立ち並び、まさにワイキキビーチの南国気分を味わえる。
なかでも高台に立ち、客室はもとより館内随所から白浜の海を一望できるこちらは、非日常感たっぷり、癒しの温泉リゾートステイを楽しめることで評判。ガラスを多用し、光を存分に取り入れた館内は、明るい雰囲気で海外のモダンなリゾートホテルを彷彿とさせる。
一年を通じて美しい花が咲く吹き抜けのパティオ、紺碧の大海原を眺望する客室、こんこんと湧き出る自家泉源のお風呂、ゴージャスな屋内プールやジャグジーなど、すべてにおいて洗練された贅沢感にあふれている。


エントランス入ってすぐ、トロピカルなブーゲンビリアが咲き誇るパティオがお出迎え

屋内・屋外にプールがあり、屋内の温水プールはジャグジー付きで、一年中利用ができる


「館内のどこにいてもリゾート気分に浸れますよ」と取締役総支配人の矢田秀樹さん

 部屋に入って感動するのが、何よりその圧倒的な開放感だ。全客室が田辺湾を見渡すオーシャンビュー。まずはテラスに出て、南紀白浜ならではの輝く陽光と潮風をたっぷりと堪能しよう。
「日本旅館とホテルの良さを融合させた"旅テル(りょてる)"を実現したいと思いましてね」と語るのは取締役総支配人の矢田秀樹さん。
ホテル独特の堅苦しさを取り払うべく、海外のリゾートホテルではご法度の、浴衣でホテル内を闊歩することもここでは可能。リゾートホテルらしいツインベッドがモダンな洋部屋に加え、洋室に畳を組み合わせた和洋折衷の部屋も用意されている。素足に畳が心地よく、湯上りやお昼寝にうってつけ…と洋室と畳のコラボ部屋は年齢を問わず人気が高い。


部屋のベランダからは、視界を遮るものがない圧巻のパノラマビューを楽しめる

ホテルのモダンさと旅館の心地よさが同居する4Fの和洋折衷部屋は45m2と広々!


「海の見える大自然の湯」の露天風呂。あずまやになっているので雨の日でも安心

 こちらは敷地内に自社泉源を持つ、白浜温泉でも貴重なホテル。最良質と言われる天然温泉をたっぷり豊富にかけ流しできることが自慢だ。肌触りがツルツルの湯は、日ごろの疲れを癒すともに美肌も作るとされ、"美肌温泉"として女性に人気が高い。
名物の「海の見える大自然の湯」は、白浜の海が一望できる、高野槙を使用した開放感いっぱいの露天風呂。春にはお風呂を囲むように色とりどりの花が咲き乱れ、より南国気分を盛り上げる。
もう一つの「熊野の大自然の湯」には、紀州備長炭風呂や漢方風呂がスタンバイ。時間により男女入れ替え制になっており、どちらも楽しめるほか、姉妹館の老舗ホテル「ホテル古賀の井」の風呂も自由に利用できるのがうれしい。


「バターや生クリームは極力使わず爽やかに仕上げています」と語る宮本和由料理長

 夕食は宴会場でゆったりと楽しむ和食の会席、もしくはレストラン「コンカドーロ」でいただくフレンチ会席を選択。和食一筋、ホテルプラザなどで腕を磨いた大迫末広料理長による会席は、大胆な素材使いと繊細なアレンジが魅力。串本港から直送される新鮮な魚介をたっぷりの有機野菜と合わせて提供。定番の天ぷらに淡桃色のくずきり揚げを添えるなど、美しい盛り付けに感動必至だ。
一方のロイヤルホテル出身・宮本和由料理長が作るフレンチ会席は、紀州鯛のカルパッチョに青粒胡椒を合わせたり、醤油やみりんで漬け込んだ銀ダラをオーブンで焼いてレモン&ペッパードレッシングで味付けたり…と軽快かつ斬新、多彩な技の和洋折衷メニュー。カツオや伊勢海老、梅ゼリーや梅ご飯など、和歌山ならではの美味も忘れられない思い出に!
至福のときを約束するディナーに、洒落た雰囲気の空間、贅沢な天然温泉、…このホテルでは、都会人が求めるリゾートの理想が見事にかなう。


見た目の驚きと食べた時の満足度が高いフレンチ会席。ひと皿ごとに感動が訪れる!

和会席はシンプルな見た目の奥にある深い味わいが、陶然なる世界へいざなってくれる


あつみちゃん

 エントランスを入った瞬間から海外へプチトリップしちゃいました! 真っ赤なブーゲンビリアが咲くパティオ、部屋、ロビー、レストラン…、どこにいても南国のリゾート地にいるかのような気分になれます。暖かい季節はお庭のガーデンプールも人気とか。泊まるときは絶対に水着を忘れてはダメですね。お部屋やレストランの小物入れに貝殻が使われるなど、ちょっとした演出にもこだわりがいっぱい。こんなにモダンなホテルなのに、温泉もすばらしく、源泉掛け流しのお湯はミネラルたっぷりだからつるすべ肌になりました。時間さえ許せば、1日中ずっと入湯していたいほどですね。ホテル敷地内にある、冷暖房完備の「ワンワンログハウス」にペットを預けることも出来るそうなので、今度はうちのワンちゃんといっしょに泊まりたいと思います!


みどりちゃん

 古賀の浦一番の高台にあり、館内のいたるところから海が見える最高のロケーションです。特に客室のベランダからの眺めは抜群。遠く光り輝く海と、静かに流れる時間を心ゆくまで味わえます。夕食にいただいたフレンチ会席は斬新な調理法、スパイス、そして素材の組みあわせの妙を、どのお皿においても堪能することが出来ました。地元素材のおいしさを生かしながら、ほかでは決して食べられないコース料理。フレンチ会席だから、バターや生クリームもあまり使われておらず、自然味あふれる軽やかな味わいは、カロリーが気になる女性にはうれしい限り。レストランやバーをはじめ、プールやジャグジー、エステなど、ホテル内の施設も充実しているので、今度来るときは、数日間滞在して、ゆったり・のんびりとリゾート気分に浸りたいと思います。



白浜温泉 コガノイベイホテル

〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町3212-1 TEL.0739-43-6000

http://www.coganoi.co.jp/bay/

ご旅行の手配、ご用命は神姫観光がうけたまわります。 ご相談フォームはこちらから