ホーム >  近畿 >  白浜温泉(梅樽温泉)ホテルシーモア
白浜温泉(梅樽温泉)ホテルシーモア

海に面した白浜温泉随一のロケーション。「日本の夕陽百選」に選ばれた景観を誇る

紀伊田辺湾の南西端、海が目の前に迫る断崖絶壁の温泉旅館「ホテルシーモア」。こちらの自慢はなんといっても広大な海を眺めながら楽しめるお風呂。まんまるの梅樽を改良したユニークな露天風呂や、海に面した総ガラス張りの大浴場で、日本有数の白浜温泉を楽しめる。
「露天風呂の湯船には和歌山県南紀の名産、南高梅を漬けていた"ほんまもん(※和歌山弁で本物を意味)"の梅樽を使用しているんですよ。梅どころ、和歌山に来た!という感じがするでしょ」と笑う支配人の坂井厚治さん。確かに、ザ・和歌山的なお風呂。名産品として食べる梅干を、まさか自分が梅干気分になって樽に浸るとは…意外なシチュエーションが実に愉快。
木肌の温もりが嬉しい梅樽は、大人が数人入っても思いっきり手足を伸ばせるほどで、ゆったりくつろげる。
夜は満点の星空と波の音に身を委ね、朝は心地よい陽光に包まれながら、海風を肌いっぱいに感じつつの湯浴みは、まさに至福の極み! なかでも緋色から紫へと移りゆく夕景れは、『日本の夕陽百選』にも選ばれているほどの絶景だ。
最高のロケーションに加え、泉質の素晴らしさも温泉好きを魅了。自社源泉から湧き出る天然温泉を贅沢にもかけ流しで。スッと肌に吸い付く「美人の湯」で、誰もがしっとりすべすべの肌に。


「これほど大きな梅樽は今ではもうありませんよ」と坂井支配人

県下の農家を一軒ずつ訪ね、集めてまわった巨大な梅樽を浴槽に使用


お風呂からはもちろん、部屋からの眺望も抜群。窓の外に広がる太平洋の風景を独り占め

二方向、270度をガラス張りにした貴賓特別和洋室。きらめく空と海はいつまでも眺めていたいほど美しい


いまや下関のフグや大間の本マグロにも負けないほどの人気、幻の高級魚・クエ尽くしのコース

 宴会場でいただく夕食の主役は紀州の本クエ。香ばしく炙った皮酒、歯ざわりが良い上品な旨味の白身の薄造り、握り寿司、荒炊き、パイ包み焼き…楽しみは尽きることがなく、夢中で箸を進めたくなる。
なかでも脂の乗った白身とゼラチン質のアラがたっぷり入るクエ鍋のおいしいこと! 一度食べたら「他の魚はクエん」との言葉も決して大げさじゃないと納得できる。プルンッとした極上のアラは、まさに上質なコラーゲンの塊。美味&低カロリーなうえに、お肌も喜ぶとあって、女性客に特に人気が高いそう。
クエ尽くしのコース以外にも、活あわびの残酷焼きや伊勢海老の姿造りなど、紀州の旬の食材を堪能できる和食会席も用意。どちらのコースも季節を感じさせる華やかな見た目が食欲をそそる。


伊勢海老やアワビなど、贅を極めた和食会席にもクエの小鍋が付く。アレコレ楽しみたい人にオススメ

女性にうれしいビューティー食材のクエ。コラーゲン効果で翌朝のお肌はツルピカだ!


個人ツアーの場合はレストランでの食事も可能。「ザ・サミット」では、夏、白良浜で行われる花火を楽しめる

 ホテル内には会議室やグランドホール、ラウンジ、カラオケサロン、レストラン、海上プールなど多彩な施設が充実。
なかでも食事を楽しむ宴会場は、60名から350名まで収容できる大小の空間がなんと16部屋もスタンバイ。ゆったりくつろげる座敷スタイルほか、海外からのゲストも多いため、温泉地では珍しいテーブル席の宴会場も完備しているのだとか。
 食事のあとは、2階の劇場で夜9時から開催されるショーをぜひ。日本舞踊家の片岡千恵子さんの華麗な舞いは、宿泊者のお楽しみの一つになっている。


レストラン「オーシャンテラス」を選択すれば、大海原を真っ赤に染める夕陽を眺めながら夕食が可能

最大350名が収容可能な4階の第一宴会場。まるで体育館のような広大なスペースにモデル達は大はしゃぎ


 翌日は隣接する「海中展望台」へ。沖合100m、上るのではなく、降りる展望台だ。螺旋階段で水深8mの海中空間へ行き、12ヵ所の窓から自然のままに悠々と泳ぎ回る魚たちの姿を観賞できる。メバルやクロダイ、カサゴやボラなどのお馴染みの魚ほか、さんご礁の間をゆっくりと泳ぎ回るチョウチョウウオなど珍しい熱帯魚も。光りさす青い海の美しさと海の生き物たちを眺めていると、まるで海底散歩をしているかのような気分に。
名残惜しい白浜の旅をしめくくるランチは、ホテル直営の活紀州本クエ料理専門店「九絵亭」で。名物の焼きクエは、刺身や鍋で楽しむあっさりしたクエとは異なり、まるで肉を食べているかのように濃厚。ムニエルやチーズとの挟み揚げ、かちん蒸しなど、オリジナルのクエメニューが豊富にそろうのも専門店ならでは。和歌山が全国に誇る美味、クエを直球&変化球で楽しませてくれる。

青い白浜海中を自由に遊泳する魚たち。日常の喧騒から解き放たれる神秘に満ちた別世界

紀州本クエのおいしさを余すことなく。美食家をもうならせる高級魚、クエを存分に賞味


あつみちゃん

 梅樽露天風呂からの眺望は、水平線がまぁるく見えるほどの大パノラマ。赤く染まる夕暮れから、満点の星空、キラキラと陽光輝く朝など、感動の連続で、ず~っといつまでも入っていたくなるほど素敵でした。大柄な私は壺風呂や五右衛門風呂などでは、いつも窮屈に感じるのですが、こちらの梅樽露天風呂は大きくてゆったり。大人7~8名が余裕で入れるほど高さも広さもあり、友達といっしょに浸れるのが嬉しいですね。翌日に立ち寄った「海中展望台」も印象に残っています。ホテル宿泊者は入館料が半額になるのでお得ですよ。まるで青い海にもぐったような気分を味わえ、小さな子供はもちろん、大人でも十分に楽しめる施設だと思いました。


みどりちゃん

 断崖絶壁にある露天風呂ゆえ、冬場は海風も強く、正直寒いのですが、そこは勇気を振り絞ってエイヤッと! ひとたび入ってしまえば、極楽。天然温泉は新陳代謝を高める効果や発汗作用も高く、湯上りはひと晩中ポカポカ。肌もツルンツルンで、しっとり感が持続します。こちらではお風呂だけではなくって、お部屋やレストラン、館内のどこにいても絶景を楽しめるのがいいですね。アワビや伊勢海老など、高級素材満載の夕食にも大満足。魚のイラストがちりばめられたかわいい浴衣はサイズも豊富で、小柄な私にもぴったりなものがあったのが嬉しかったです。期待を裏切らない、いえ期待以上の宿にすっかり感激!ぴかぴかの笑顔で帰途につきました。



白浜温泉(梅樽温泉)ホテルシーモア

〒649-2211 和歌山県西牟婁郡白浜町1821 TEL.0739-43-1000 FAX . 0739-43-1110

E-mail seamore@seamore.co.jp

http://www.seamore.co.jp/

ご旅行の手配、ご用命は神姫観光がうけたまわります。 ご相談フォームはこちらから