ホーム >  関東・甲信越 >  昼神温泉 ユルイの宿 恵山
昼神温泉 ユルイの宿 恵山

 はるか万葉の時代より旅人が行き交い、その自然と人々の暮らしが万葉集に謳われた昼神温泉郷。南信州最大の温泉地にある、この宿の名に添えられた"ユルイ"とは、地元の方言で囲炉裏を指す。ちょっと寄って囲炉裏で「ゆっくりしていきなさい」という、昼神の人々の素朴で人情味豊かなもてなしの心が一言に込められているそう。
さてさて、どんなもてなしが楽しめるのか。香の薫りに癒される2階のロビーでチェックインを済ませたら、まずは部屋でゆったりとくつろぐとしよう。
客室は、本館「恵山」と新館「香蘭亭」の2タイプ。ともに4階以上にあり、すべての部屋から南アルプスの山々、阿知川の清流、そして昼神温泉郷を一望できる。春はすぐ前を流れる阿知川沿いに咲く桜、夏は毎晩、打ち上げられる花火、秋は紅葉、冬は雪景色…と四季折々の景色に今にも手が届きそうな部屋で、自然が育む安らぎを体感できる。


美しい眺望に旬の美味…「山に居ることの幸せを感じていただければ」と仲居主任の下沢琴子さん

ゆったりとくつろげる本館「恵山」の和室は10帖の広さ。新館「香蘭亭」にも客室を用意


 こんこんと湧く、昼神温泉の湯は、やさしく肌にしみ込んで、保湿効果もあるそうで、肌が滑らかになる「美肌・美人の湯」と呼ばれている。こちらの南アルプス産の自然石を配した大露天風呂では、よく手入れされた美しい庭園とその奥に広がる南信州の山々を眺めながら、のんびりと湯浴みが楽しめる。
梅、桜など、季節ごとに庭園を彩る花々も素晴らしく、なかでも花桃の美しさは格別。桃はモモでも花を楽しむための花桃は、一本の枝で赤、ピンク、白と咲き分け、その美しさが多くの人を魅了する。借景に見とれ、源泉100%の豊富な昼神の湯に身を委ねていると、温かく優しいぬくもりが日ごろの疲れをス~ッと吸い取ってくれるかのよう。時間の経つのも忘れてしまいそうだ。

大露天風呂「吟水の湯」では浸かるだけでスベスベの肌になるという昼神温泉を湯量豊富に楽しめる

無色透明の硫黄泉。肌触り滑らかな温泉の効能をじっくり実感できるよう、お湯は若干ぬるめの温度に


脂のきめが細かく、さっぱりといただけるアルプスサーモンの刺身。山間の温泉で新鮮な刺身をいただけることに感動!牛肉のすきやきは酸味がきいたトマト風味

 温泉と同様に楽しみなのが、地元出身の料理人が腕をふるう「郷土会席」。信州の山の幸を中心に、旬の食材を活かした、南信州・昼神ならではの味わいだ。アルプスサーモンの刺身や、信州牛のステーキ、低カロリー高タンパクな信州馬刺など、できる限り土地で取れる食材・調味料をつかったメニューが楽しめる。料理長の「南信州の風土から生まれた本当に美味しい食材をお召し上がりいただきたい」との思いから、食材は地元生産品のなかからさらに吟味。農家や牧場、醤油や味噌の醸造所と直接契約し、安心・安全で上質な食材のみを用るのだそう。なかでも地元ブランドとして開発したニジマスのアルプスサーモンは、地産地消へのこだわりから都市部へは流通されておらず、この地でしか味わえないまさに信州こだわりの一品だ。肌にいいとされる信州そばや野菜本来のやさしい味が感じられる高原野菜の数々は、女性客に特に人気が高いとか。紫わらびの白和えや山ウド、菜花の天ぷらなど、昔からこの地で食べられていた実直な味わいが、しみじみと心に満ちてくる。
夕食でお気に入りの食材を見つけたら、昼神温泉の名物として毎朝開催している朝市をぜひのぞいてみよう。地元農産物や山の幸などをはお土産にぴったりだ。


一度食べるとトリコになるとろける馬刺に、信州牛ロースのステーキなど、地元の豪華素材が目白押し。食前酒には信州が誇るアルプスワインが登場

個人ツアーでは「囲炉裏料理」も食事の選択肢に。囲炉裏小路「ゆるい」の個室にて、信州牛や野菜、川魚を炭火でこんがり焼いて楽しめる。


 館内には骨董調度品や書画、版画が随所に飾られ、ロビーフロントの小庭には、人々に癒しを与える音としても注目を浴びている水琴窟(すいきんくつ)も設置されている。水琴窟は神社や寺院では比較的よく見かけられるが、旅館では珍しく、繊細かつ貴重な調べが旅路に疲れた客を優しく出迎えてくれる。そんなこんなで、例を挙げればきりはないが、ここ「昼神温泉 ユルイの宿 恵山」には、ゆっくりと旅の楽しみを存分に演出してくれる仕掛けがいっぱい。しかもそのどれもがさりげなく、自然で、包み込むような温かみにあふれる。豊かな時間を過ごすことができる「"ユルイ"のもてなし」は、きっと忘れられない思い出になることだろう。

ロビー入ってすぐのティーラウンジ「駒つなぎ」。庭園を眺めながら香り高い珈琲でホッとひといき

2階、おみやげ処「はなまつり」では、信州そばや地酒など、信州特産品がズラリ並ぶ


みらいちゃん

 巨石を配した露天風呂は、その野趣あふれる雰囲気が心とカラダを和ませてくれます。昼神温泉の湧きだした源泉をそのまま使っているそうで、鮮度の高いお湯がしっとりと肌にまとわりつき、湯上りは驚くほど、ツルスベの肌になっていました。あと印象に残っているのは夕食に出た馬刺です。生まれて初めて食べたので最初はドキドキしましたが、トロリと口のなかでとけ、濃厚なコクと甘味が絶品。一気に私の大好物リスト上位にランクインです(笑)。ぜんまいや山ウドなど、山の幸もたっぷりと味わえて、海辺の温泉宿とはまた違う滋味深いグルメが堪能できました。


れいなちゃん

 料理がとっても美味しかったですね。牧場から直接届く、やわらかさが評判の信州牛や、地元の農家でつくられるきのこやエノキタケ、有機野菜、お米など、どのメニューにも地物にこだわった鮮度が自慢の素材がたっぷり!夏には長さが30cm、重さ1Kgもある信州の伝統野菜にも認定された「ていざなす」が出てくるそう。ナス好きの私としてはぜひ再訪して味わいたいところ。源泉100%の露天風呂は夜に入るのがオススメ。満点の星空を見上げ、ヒンヤリした山の空気を感じながら湯浴みすれば、温泉ってホントにいいもんだなぁ~ってつくづく思いますよ。



昼神温泉 ユルイの宿 恵山

〒395-0304 長野県 下伊那郡阿智村智里407 TEL.0265-43-3188

http://yuruinoyado-keizan.com/

ご旅行の手配、ご用命は神姫観光がうけたまわります。 ご相談フォームはこちらから