ホーム >  お買い物 >  中国 > お菓子の壽城
お菓子の壽城

夏季限定で登場するわらび餅。出来たてプルプルな食感がたまらない!

 鳥取県西部の玄関口、米子自動車道の米子IC降りてからすぐのところにある「お菓子の壽城」。遠くからもよぉく目立つお城の正体は、お菓子のテーマパーク。立派な天守閣を持つ近世風城郭として名を馳せた米子城をモデルとして、平成5年に築城。一部の石垣は旧・米子城より移築するほどホンモノにこだわり、米子の街を見渡せる天守閣もある。大型バスの観光客やマイカーの一般客が続々と訪れ、山陰観光には欠かせない米子のシンボルとなっている。
 城内には山陰の銘菓から海産物や特産品までズラリ勢揃い。和菓子・洋菓子など、売場ごとにかわいらしい売り子さんが立ち、試食用の品を手渡してくれる。試食できる品は50種以上! 大きくカットされた品をモグモグと食べながら、売り子さんの説明を聞くと、より一層おいしく感じるから不思議。あちこちで試食しながら1階の売場をグルリとまわるだけで、お腹がいっぱいになる。それぞれに美味しくて、どれを購入しようか真剣に迷う、贅沢な悩みのお客たちであふれている。
 ミュージアム性に富んだ施設内容も好評で、奥にある「菓子工房」では、でき上がりまでの工程をガラス越しに見学可能。餡練り、餅つき、包餡、箱詰めなど…山陰の自然に育まれた素材にこだわって作り上げる、近代的かつ衛生的なお菓子の生産ラインには誰しも見とれるばかりだ。


和菓子、洋菓子ほか、揚げたて熱々のいそ天や豆ちくわなど水産加工物なども人気

「菓子工房」で、とち餅の製造過程を見学。1日に20,000個も作っているそう


数あるお菓子コーナーのなかでも特に人気が高いのは、壽城オリジナル「とち餅」の実演コーナーだ。"白とち餅"と"赤とち餅"の2種類があり、材料にもこだわりが満載。もち米は堆肥を使った土作りから始まり、省化学肥料・省農薬の米作りに取り組む地域の農家の人と直接契約し、仕入れる。安全で美味しいもち米とアク抜きした栃の実を混ぜてセイロで蒸し上げ、杵でよくつき上げ、たっぷりのこし餡をなかに入れて白とり餅が完成。第22回全国菓子大博覧会・金沢菓子博で最高位賞の"名誉総裁賞"、第25回姫路菓子博覧会で最高賞に輝いた逸品だ。一方の赤とち餅は、自慢のとち餅を厳選された小豆のこし餡で包みこんだもの。口当たりの良い上品な餡の甘さが際立ち、白とち餅と人気を二分している。
実演コーナーでは、一級菓子職人の松浦義一さんが絶妙な語り口で、とち餅のおいしさを伝えてくれる。全身を使ったリズミカルな動きで見事にとち餅を作っていく様子が、客の目を釘付けにし、その一角は常に行列ができている。

「お菓子の壽城」きっての有名人、松浦義一さん。この道50年、とち餅作りに人生を捧げる

注文後に揚げる「うさぎがくれた加哩麺麭(カレーパン)」。うさぎのパッケージもかわいい


ベスト1 とち餅

古来より珍重された、とちの実を原料にオリジナルレシピで作り上げる、壽城の代表銘菓

ベスト2 レ・ミエル

奥出雲産のハチミツと木次のカマンベールチーズを使用した、口溶けのよいレアチーズケーキ

ベスト3 福々兎

鳥取産の牛乳をたっぷり用いたカスタードクリームをふわふわのスポンジで包んだケーキ


 2階にあがると妖怪ショップ「鬼太郎商店」がスタンバイ。鳥取県境港出身の天才漫画家・水木しげる作「ゲゲゲの鬼太郎」グッズが500種以上そろう。キーホルダーや携帯ストラップ、ぬいぐるみ、Tシャツなど、半年に1回、新商品が入荷するので、鬼太郎ファンのリピーター率も高いとか。境港にある水木しげるロードをギュッと凝縮したような内容に、大人も子供もワクワク。

 「鬼太郎商店」の入口にはねずみ男大明神が。「一攫千金」「商売繁盛」の願掛けを

売り場で定員さんに頼めば、鬼太郎のちゃんちゃんこも試着できる


 さらに2階からエレベーターで上がり、らせん階段を登ると「壽城の天守閣」に到着。周囲360度を見渡す展望台になっていて、東に秀峰大山、北に日本海や弓ヶ浜半島を一望できる絶好のロケーションを誇る。雅な城から眺める山陰の景色のすばらしいこと! 天守閣の一角には、2011年1月1日に"ツイてる神社"も新しくお目見え。創業者の知人である、スピリチュアルカウンセラー訓久さんが監修し、ツイてる鐘にツイてるシールを貼るとツキが舞い込んできて願いが叶うとクチコミで評判に。受験生をはじめ、多くの人が願いを叶えるためにお社にツイてるシールを貼っていくのだとか。「鬼太郎商店」「壽城の天守閣」ともに入場無料というのもうれしい。
 最後は「喫茶福ふく」でほっこりと休憩。88席と縁起の良い席数の休憩処では、一流菓子職人による手作りデザートをお茶とともに提供。のんびりと午後のティータイムを楽しもう。

殿様気分で"あっぱれじゃ♪"と叫びたくなるほどの絶景が目前に広がる

「ツイてますか。ツイてま~す」と書かれたパワーあふれるシール(1階で販売)が大人気

2階の「喫茶福ふく」オリジナルの手作りスイーツは必食!


しほこちゃん

年間100万人が来城される大人気スポットです。スイーツに目がなく、デパ地下の試食コーナー大好きな私にとって、お菓子のお城、寿城はまさにパラダイス! 各々の味を試食でしっかり確認してからお買物できるのはうれしいですね。試食用の1カットも大きくて、本当に無料でいいの?と確認しちゃいました(笑)。売り子の女性との会話も楽しく、お客も従業員さんも皆、飛び切りの笑顔で、買い物を楽しまれていたのが印象的です。


あいちゃん

「お城を建てて、おふくろの味を提供したい」という夢を実現された創業者さんのお話をうかがって感動しました。小さい頃、お母さんが愛情たっぷりに作ってくれた味を再現したという名物のとち餅は、どこか懐かしく、心に響くやさしい味わいです。食材や作り方も徹底的にこだわっておられ、もち米は田植えを行う田んぼの土壌作りから関わっておられるそう。おいしいのは当たり前、安心で安全性も完璧に…という心意気に参りました!



お菓子の壽城

〒689-3425 鳥取県米子市淀江町佐陀1605-1 TEL.0859-39-4111 FAX.0859-39-4119

http://www.okashinet.co.jp/kotobukijo/

ご旅行の手配、ご用命は神姫観光がうけたまわります。 ご相談フォームはこちらから