ホーム >  近畿 >  香住漁港・柴山漁港 日本海フーズ かに市場
香住漁港・柴山漁港 日本海フーズ かに市場

漁師が足にタグをつけて品質を保証する地ガニ。いいカニは殻の色が濃くて、ツヤツヤ、飴色に輝いている…など見た目も全然違う

香住漁港と柴山漁港、2つのカニ港を抱え、ハタハタやアカガレイ、モサエビなど、様々な旬魚が揚がる香住。しかし香住といえば、なんといってもカニ!食いしん坊なら、カニを目指しての旅が正解だろう。バスの窓からあちこちに、蟹の看板やカニという文字やイラストを見ると、お目当ての地へどんどん近づいているのが実感できる。食通にも名高い香住のカニは旅館や食事処で楽しむほか、お土産としても人気が高い。この地区のお土産スポットとしてオススメは、香住港そばの「日本海フーズ かに市場」だ。朝一番、目の前の漁港で競り落としたカニや魚介類をすぐに店頭へ、どの魚介も新鮮トレピチ、しかも市価よりもうんと安く買い物を満喫できるのが魅力。市場ならではの活気あふれる雰囲気も楽しく、思わずあれもこれも買い占めたくなる。


身がぎっしりと詰まった湯がきたての茹でガニはお土産に最適。身にぷりっと弾力がある

一般的にはスルメイカの名称で知られるイカの中のイカ、真イカも新鮮ゆえ、ピッカピカ

幻の魚と呼ばれる高級白身魚ノドグロ。白っぽいものの方が皮下脂肪が多く美味しいそう


刺身は花が咲けば咲くほど新鮮。口のなかにトロリと甘みが広がるカニ刺しに、思わず「うま~い!」

店内を案内してくれたのは、かに市場の名物店長、山田直弘さん。「お客さんに魚をおいしく食べて、健康な食生活を過ごしてほしい」と語る店長は漁師の親にみっちりと鍛えられて、魚の目利きは達人級。さらに料理の腕前もすごく、地元の若い主婦向けに料理教室を随時開催しているとか。魚のさばき方から煮付けや焼きものなど、家庭で簡単にできる高級料亭さながらのレシピ、魚介の栄養まで指南。もちろん店の客にも美味しい食べ方を教えてくれるから、気軽に相談してみよう。買い物に迷ったときは、あっさりしているのがいいとか、脂がのっている魚が食べたいなど、好みを伝えると予算に合わせて魚を選んでくれる。 市場に併設する自社工場では、全国に発送する魚介を職人さんがさばいたり、カットしたり、身をとりだしたりと加工中。鮮度と風味を損なう事なく、おいしさと栄養を維持した品々を提供しているのだ。 魚介は持ち帰りや冷蔵郵送もできるが、希望すれば、市場で購入したネタをその場でさばいて食べることも可能だ。魚はおろして刺身で、カニやモサエビはそのまま生で、夏はサザエやアワビなど、貝のバーベキューも人気。そんなダイナミックな味わい方ができるのも、新鮮な素材を扱うここならではの楽しみ。甘みや旨みがたっぷりつまったカニの刺身は何もつけずにパクッ。口の中でとろけるよう。カニみそにカニ身を絡めて食べてもおいしい。コクがあるのに、くさみがないカニみそを味わえるのは新鮮なカニだけの特権、本場・香住でカニを味わう醍醐味だ。「とれたてのカニはこんなにも甘いんだ」と改めて実感できる。


太っ腹な店長の山田直弘さんが次々と試食させてくれる

カニは1日5トン以上とこの界隈では一番の扱い量を誇る


しっかり食事したいならば、市場に併設する「海鮮レストランれんが亭 かに八代(はちだい)」へ。市場直営のレストランだから活きの良さはお墨付きだ。せっかく香住まで来ているのだから、カニだけでなくその土地のグルメも押さえておきたい。3月から5月末ぐらいまでは地元の人が"白エビ"と呼ぶ、モサエビが旬。モサエビはすぐに鮮度が落ちるため、昔は市場に出ていなかったが、最近は船の設備が良くなり、口に入るようになったとか。新鮮なモサエビは焼きエビが最高。生きたままのせたエビが陶板の熱さに耐えかねてピョンピョン跳ねるのを横目に、まずは刺身でその甘みを堪能。頭のなかの味噌までしっかり味わいつくそう。香ばしく蒸し焼きされた焼きエビは甘みがさらに凝縮。殻をむくのももどかしいぐらいの美味しさに、次々と手が伸びる。メニューには自家製カニ味噌とよぉく混ぜていただく香住ガニてんこもりのカニ丼や山陰海岸ジオパークにちなんだ、ジオ御膳なるユニークなものも。美味しいものを堪能するグルメな旅は、きっと忘れられない思い出に!


松葉ガニの活け造り、焼きがに、かに鍋がコースになった花咲き造りご膳は要予約

食べて、買い物して大満足!本当はカニのようにピースしたいモデルたちでした


白エビづくし。刺身に陶板蒸し焼き、しゃぶしゃぶまで。春限定のご馳走、お見逃しなく

火山の噴火を模した牛肉の陶板焼をメインに、旬の造り盛り合わせが付くジオ御膳


*
モデル感想
かなちゃん

あんなに大きなカニを間近で見たのは初めて、太い足には身がぎっしりと詰まり、素晴らしくジューシーでした。市場の売り場横で、さばきたてをいただくのも新鮮で美味しかったですし、レストランのかに八代で味わった料理も感動ものでした。レストランは海が目の前という抜群のロケーション。カウンター席に陣取って、地酒を片手に香住の海の幸を楽しむのも素敵でしょうね。

モデル感想
あきちゃん

北近畿名物のカニを買うならここで決まりですね。11月から3月までは松葉がにのシーズンだそうですが、逆にシーズンをはずして4月ごろ、香住がに狙いで来るのも手。ホタルイカやモサエビも旬なので、カニと名物素材をダブルでゆっくり楽しめますよ。私はカニ味噌に目がないのですが、ここのカニ味噌は本当に新鮮!ふわふわのカニ味噌にカニ身をつけて食べるのがクセになりそうです。

モデル感想
りかちゃん

試食三昧、サービス精神旺盛な店長に惚れました(笑)。レストランではカニを生はもちろん、しゃぶしゃぶ、焼きがに、鍋、丼と新鮮だからこそのメニューにいろいろ食べてお腹いっぱいに。また今回初めて食べたモサエビも絶品!思わず1㎏を箱買いしてしまいましたよ。そのまま食べても、フライにしても、塩焼きにしても美味しいと店長さんにレシピを教わったので、早速家でエビパーティです。



香住漁港・柴山漁港 日本海フーズ かに市場

〒669-6544 兵庫県美方郡香美町香住区香住1452 TEL.0796-36-1500 FAX.0796-36-1988

http://nfoods.co.jp/index.html

ご旅行の手配、ご用命は神姫観光がうけたまわります。 ご相談フォームはこちらから