ホーム >  関東・甲信越 >  信州 ふるさと水引工芸館
ふるさと水引工芸館

「文七元結資料館」では飯田の水引の歴史を語るうえで欠かせない人物、桜井文七の「文七元結」の資料などをわかりやすく解説

 紅白や金銀で染められ、祝儀袋や結納飾りなどに華やかに結ばれている"水引"。
長野県の南エリアにある信州・飯田は、元禄の頃より水引を産業として発展し、伝統工芸の域にまで高めた歴史を誇る。「ふるさと水引工芸館」ではそんな飯田の水引の素晴らしさを余すところなく紹介。世界一の水引の殿堂として、1000以上の水引を一堂に展示している。
館内は、飯田の水引の基礎をつくり、落語や歌舞伎の「文七元結(ぶんしちもっとい)」として語り継がれる桜井文七の資料を展示した「文七元結資料館」、水引を使った工芸作品を展示する「アートギャラリー」、水引工芸品を購入できる「販売コーナー」で構成。
飯田における水引は、髪を結うための"元結"と呼ばれる和紙のヒモが始まりだとか。今ならば髪を結うとき、ゴムバンドでまとめるが、昔は紙を縒った細い紐で縛っていた。その紐が元結だ。
元禄年間に飯田藩主が地元の産業振興のために元結づくりを奨励。当時の元結は弱くてすぐに切れてしまうため、美濃(岐阜県)から桜井文七という腕の良い紙漉き職人を招き、丈夫で光沢のある元結に改良し、江戸で販売したところ、床屋から注文が殺到! そうして元結の新ブランド「文七元結」はまたたく間に全国に広まり、落語などで今なお語り継がれるほど、人気を集めたと言われている。
しかしながら明治4年に、男性のちょんまげを禁止する断髪令が発令され、元結の消費量が一気にダウン。飯田の地場産業として生き残り方を模索し、元結に改良を加えた今日の水引工芸に至っているというわけだ。現在、全国の70%の水引の生産高を担う。


皇太子様・小和田雅子様御納采の儀の折に献上された水引の「鶴亀」、世界初の水引工芸ウエディングドレスなど、和紙とは思えない美しい細工の数々に見とれてしまう「アートギャラリー」

「動作は3つしかないからね。余分なことを考えず、集中して」と館長の東 宏吉さん

 「ふるさと水引工芸館」の名物館長、東 宏吉さんが、楽しくおしゃべりしながら披露する水引実演も大人気。蝶や亀など、出来上がった作品は、その場に居合わせたお客にプレゼントというサプライズも! 「水引は私たち日本人の生活文化のなかで長く使われきたもんでね、みなさんも折にふれて伝統の和の文化を見直していただければ、ありがたいわな」と語る東さん。ご自身も水引工芸家として30年、水引の伝統技法を活かしながら、時代のニーズに合わせたクリエイティブな作品も次々と考案。日本をはじめ、海外でデモンストレーションを行うなど、飯田の水引文化を積極的に発信する。
またこちらでは水引をつくる体験教室(要予約・有料)にも参加可能。長さ90cmの水引を「編む」「結ぶ」というシンプルな方法で、携帯ストラップに仕上げる教室にモデルが挑戦。まるでマジックのように素早く編み上げる東さんに、コツをアドバイスしてもらいながら、危なげな手つきで、えっちらおっちら。
「髪の毛の三つ編ならうまく出来るのになぁ~」。


このひもをこっちに持ってきて…頭でわかっていても、手がついてこない

「できた♪」。一生懸命つくったストラップは、網目が不ぞろいでも、旅のいい記念に


ズラリ並ぶ家紋が圧巻!球団のお墨付きの阪神タイガースの虎マークも発見

 水引細工の歴史や作る過程をしっかり学んだあとは、お楽しみのショッピング。愛らしい祝儀袋(のし袋)や髪飾りなどから、バラや桜など、立体的な水引細工を額装したものや干支の置物まで、バラエティ豊かな水引アイテムがズラリ並ぶ。繊細で精巧な商品はすべて手作り。だからどれも少しずつ表情が異なり、どれひとつとして同じものがない。なかでも人気が高いのは水引を1本1本貼って仕上げる「水引アート家紋」。家内安全や商売繁盛の縁起物、社章や各種シンボルマーク、新築祝いや記念品・贈答品にと、全国から注文が相次いでいるそう。
現在、東さんが新しく企画しているのは「ダブルハート」と呼ばれるカップル向け水引キット。風水で占った幸せの色の水引をダブルのハートに自分の手で編み上げ、真ん中にカップルの写真を飾って完成させる。
「自分でつくると愛着があるもんでな。人と人とのご縁を結べればええなと思うて」。
結びの心と手のぬくもりあふれる水引を縁に結ばれるカップル。その数が増えることで、あたたかな飯田の文化が引き継がれ、広がっていくことだろう。


鶴亀やハートなど、美しい水引がかけられた祝儀袋の数々。まさに和のおもてなし

オーソドックスな紅白ほか、ラメ入りなどバリエーション豊富。包装資材としても人気


みらいちゃん

 今まで特に気にとめたことがなかった水引ですが、その歴史は旧く、原型は飛鳥時代、聖徳太子の命を受けて随に渡った小野妹子が帰朝の際、朝廷への献上品に麻糸を紅白に染め分けた紐状のものを掛けたことが始まりとされているそう。信州飯田で水引が栄えたのは、この地方の自然環境や地理的条件も大きく影響しているという館長さんのお話はとても面白く、わかりやすかったです。展示物も充実していて、ショップにはおみやげや贈り物にしたい美しい水引細工がいっぱい。子供から大人、また外国の人も楽しめる工芸館だと思います。


れいなちゃん

 水引工芸の水龍やウエディングドレスなど、アートギャラリーに展示された作品のすばらしさに思わず、見とれてしまいました。実際に水引を使って工芸品を作成する体験教室は編み方を覚えるだけでも大変、自分の不器用さがよぉくわかりました(笑)。四苦八苦して仕上げたストラップは愛着もひとしお。大切に使いたいと思います。館長さんのお話では、なんと歌舞伎役者の市川海老蔵さんとフリーキャスターの小林麻央さんの結婚式の水引も飯田の水引が採用されたとか。私も将来、結婚式の水引を自分で作ってみたいな~と思いました。



信州 ふるさと水引工芸館

〒395-0156 長野県飯田市中村1287 TEL.0265-25-5222 FAX.0265-25-3724

営業時間 8:00~17:00

http://www.f-mizuhiki.co.jp

ご旅行の手配、ご用命は神姫観光がうけたまわります。 ご相談フォームはこちらから