越前竹人形の里- 観光・レジャー-

新着情報

越前竹人形の魅力をひとことで言いますと<人間の魂のふるさとへの郷愁をさそう>魅力があると言えます。
こどもの時代に美しい竹林をさまよった経験をお持ちの方は多いと思いますが、あの竹林の中の空間の静けさと、上の方から斜めに幾筋も注ぎ込んでくる光の帯の明るさは、地上の空間とはちがった別空間のたたずまいを感じさせてくれて、子供ごころにもなにか神秘的な思いに満たされたものであります。
竹林の中で耳を澄ましますと、風にそよぐ竹の葉の鳴るやわらかな音にまじって、目には見えませんが<竹の精>がやさしく語りかける言葉が聞こえてまいります。
越前竹人形には<竹の精>のいのちが吹き込まれているかのようであります。越前竹人形を見つめていますと、あの少年の日に体験した神秘的な思い出がよみがえって来るのであります。
竹林の空間の静けさ、明るさが肌に感じられ、風に鳴る音さえもはっきりと聞き取れます。ふるさとへの懐かしさがあふれてきて胸が熱くなります。これもまた越前竹人形の魅力のひとつだと言うべきでありましょう。
大胆に、そして細心に造形し、人間のいのちを吹き込まれた越前竹人形はまさに<竹の精>そのものだと言ってもよいかと思います。これも絶妙な匠の技だと言うべきでありましょう。
詩人 広部英一


トピックス-おすすめ情報や新着情報をお知らせ-